クレジットカード現金化にマニュアルなんて御座いません!

クレジットカード現金化にマニュアルなんて御座いません!

SEO対策と言われているを行っている広告報酬を募ったWEBサイトがあります。

 

何とご丁寧にも概要が載っており、どうやら法人として運営をされているようで住所からお名前から何から何まで確認が出来ます。

 

一体どのような方がクレカ現金化の比較サイトを運営されているのか気になり検索しましたところ・・・引っ掛かってしまいました過去の行いと思われるとある記事。

 

同姓同名の方がいらっしゃるのであればしょうがないかと存じますが、その汚点とも言えるべき事項とは過去に貸金業を営んでおり融資に当たって保険料を必要とし騙し取る手口となっており、どうやら詐欺で逮捕された経歴がネット上に残っていることと、そのような記事を検索結果から洗い流す為に風評被害対策と思われるWEBページが多数確認出来るので、ひょっとしたら・・・ひょっとするのかもしれません。

 

そう想像してしまうのは、そのような記事が有る事に加えクレカ現金化を一押しするコラムが並べられており、反社とも言える金策に相反する内容とされており、とても真っ当な情報とは言えず業者のバナー広告が所狭しと掲載されています。

 

おいくらくらい業者の方は支払っているのでしょうかね・・・。

 

他の掲載を募っているWEBページの掲載料金表から考察すると、恐らく数十万円が必要かと思われますが、そこまで支払いをしても問題無いと判断しての決定でしょうから、いかにクレカ現金化の需要が見込まれているのか分かりますね。

 

掲載されているお店の数は国内で確認出来るクレカ現金化業者の微々たる数の掲載になっており、他の情報比較サイトに組まれているランキング等ではなかなかお目に掛からない屋号となっており、いかにも広告として出稿している感が出ています。

 

その裏付けとしまして、バナーをクリックし進んでみるとクッションページに移り変わるのですが、なんとまあそのクッションページのリンク先に移動するにあたっての注意書きが有りまして、利用に当たっては一切関係なく自己判断でお願いします、という内容の記載が・・・。

 

マニュアルなんて強気なサイトタイトルで露出されている割に、随分弱気な記述ですが、このように広告報酬も目的とするサイトは非常に雑な構築をされており、お世辞にも我々利用者にとって不利益にしかならない情報の寄せ集めであることが分かります。

 

なぜそのようなサイトが検索エンジンに評価されているかは存じませんが、会員規約違反に該当する取引を進めている法人として既に目を付けられているのではないでしょうか?あらゆる手段を講じて取り込もうとする輩には十分に気を付ける必要があります。

クレジットカード現金化は違法ではない

 

現在、クレジットカード現金化を取り締まる法律はなく、詐欺のような手口や違法な金利の手数料を取っていない限りは、利用しても問題ないとされています。

 

クレジットカード現金化は審査も不要で、クレジットカードを一枚でも持っていれば、ショッピング枠を利用して、実質お金を借りることができるわけです。

 

そのため、クレジットカード現金化業者もいい業者や悪い業者など、多数の業者が参入しひしめき合っている状態です。

 

こうした業者が増えてきた理由も、消費者金融業界の法律の改正が大きな影響を及ぼしているからということになります。

 

貸金業法の改正が大きな節目

 

2010年に施行された貸金業法では、総量規制が適用されることとなり、年収の3分の1以上の借り入れができなくなりました。

 

さらにグレーゾーン金利も撤廃されたため、これまで高金利で貸し出していた消費者金融業者は、利息制限法の上限金利を超えた部分を返金しなければならなくなりました。

 

これが過払い金請求です。

 

弁護士や司法書士などの法律事務所が、過払い金請求を積極的に行ったおかげで、武富士などの大手の消費者金融業者も倒産する事態となったわけです。

 

貸金業法が厳しくなり、新たに貸し出しする枠も制限されたため、以前のようにお金を貸しても儲からなくなってしまいました。そこでクレジットカード現金化が脚光を浴び、キャッシングよりも審査のハードルが低いことから利用者が拡大してきたということになります。

 

低所得者が増えたことで少額資金を借り入れる人が増えた!

 

所得格差が生まれ、大卒でも大企業に就職できなかった人は、非正規雇用で低賃金で働くことになっています。一度正社員ではなくなった場合は、なかなか次の就職先を探すことができず、収入が激減し安定した職に就くことができなくなります。

 

こうした人は審査が必要なキャッシングでは、お金を借りることができません。

 

しかし、クレジットカードは利用限度額が低くても、ショッピング枠がいくらか与えられ、低所得者でも発行されるようです。

 

そのため、少額資金を借り入れるためにクレジットカード現金化を商売とする業者が誕生しました。

 

まとめ

 

クレジットカード現金化は、貸金業法の改正と非正規雇用者などの低所得者の増加が原因で、審査の通りやすいクレジットカードのショッピング枠を現金化することで少額資金を手に入れる人が増えました。

 

雇用不安が続く限り、今後も利用者は減ることはないと思われます。

続きを読む≫ 2015/11/15 16:13:15 2015年11月

クレジットカード現金化を業としているサイトは、年々数が減少傾向にあります。

 

この衰退への契機となったのは、全国で初となるクレカ現金化業を営んでいた経営者の逮捕によるもので、その直後より店舗型のお店が閉店をしたり、換金方法の手段を検挙された業者と異なる仕組みを取り入れるなど、その世間的な目線を逸らそうとしていました。

 

しかし、古物商を持った買取の仕組み、正規の都道府県知事の貸金業営業の資格を有するものが相次いで逮捕されており、その取引内容は通常の商品取引が行われていない実態からのようですが、一歩間違えれば合法の範囲内から外になる可能性が十分に高いと思われます。

 

こうした従来の方法に見切りを付けて、電子マネー・電子ギフト券をクレジットカードで購入させて、それを表向きは買取をしていように見せかける詐欺が流行しています。

 

単純に買取をしているのでは無く、コードを媒介している有体が無い物品として古物商の資格は不要とされている意見もあれば、必要とする意見も存在する混沌とした様相です。

 

コードの買取を行っている者もいれば、コードを通常の現金取引では無く、決済手段として用いる詐欺業者のいずれにおきましても、購入後のサポートは原則的に行われるコトが無いことに加え、世間的な需要が高い事や換金市場の存在がこうした業者たちのバックボーンとなっています。

 

中には、元クレジットカード現金化業者が換金市場を運営し、さらに仕入れ用として買取サイトもオープンさせているなど、このスキームを完成させています。

 

さらに、初回の逮捕劇からクレジットカード現金化を掲載されていたメディアたちが自主規制を施行するようになり、次第にこの商売を世に知らせる為の手段が無くなっているなかで、前述したようなコードの売買は表向きは真っ当なフェイスにすることが出来る為、ライフハック系の雑誌やメディアに広告を出稿しているのが唯一ではないでしょうか。

 

新規顧客の開拓は、業者にとって最も困難な課題となっており、既にサービス内容を知っている人を集客する事がマストとなっているようで、熾烈なSEO対策が展開されており、広告競争に負けた業者は続々と廃業に追い込まれています。

 

検索結果の表示は10件程度ですから、関連ワードに表示されない業者は閑古鳥が鳴いています。

 

しかし、いくら広告がたくさん表示されているお店が良いのかというワケではありませんが、横柄な対応を行えば暇になる、他の店に流れるという循環もあるようです。

続きを読む≫ 2015/10/18 10:32:18 2015年10月

お金を得るために我々は働かなくてはなりません。

 

基本的には月末締めの翌月の「ごとうび」に給与を手渡しもしくは振込されるコトになりますが、中には日払いや週払いを行っている企業もありますが、そのような給与の仕組みに応じる会社のほとんどが、元々期間限定の雇用としていることが多く、たいていの企業ではコレに応じる経理体形はないでしょう。

 

日本には勤労の義務という明確な原則が存在しており、労働力こそが社会を動かし生産していくという基本的な概念が戦後の景気を支えていると言っても過言では無く、労働力を収入とする仕組みは人間社会が人間社会で有り続ける為のルールです。

 

クレジットカード現金化以外の金策とは、このルールに反して誰か他の立場から工面するという仕組みであり、これを業として手数料を徴収する事で現金を相手に渡すという仕組みは、一方的なトップダウンの仕組みで末端に位置する消費者は相応の努力をしない限り、このカーストから抜ける事は不可能です。

 

金策には様々な手法がありますが、低金利ですが審査も有って必ずしも利用できる保証の無い消費者金融、収入や身元が確認出来れば簡単に貸し出す闇金融、クレジットカードがあればなんとか出来る換金業者、その他世にあるサービスを悪用するキャリア決済換金業者など・・・。

 

どんな国でも時代でも、お金持ちに対して貧乏人の割合はいつも貧乏人の方が圧倒的に多いですし、貧乏人が居なくならない、つまり一定の需要が見込める為に、貧困者を狙ったサービスや事業の総称「貧困ビジネス」と言われる部類の虚業は、今後も半永久的に無くなることはないとされています。

 

この中でどの方法で金策をしなければならないかと比較検討した時に、まずは何と言っても都道府県知事に認可されている、つまり国に認められた貸金業者での利用が筆頭になりますが、それ以外の金策方法について模索しますと、一番ソフトな金策方法はクレジットカード現金化になります。

 

ヤミ金の様に執拗な取り立ては一切無く、支払い期限や恫喝が無く、キャリア決済換金業者のように全て一括払いの請求では無く換金率もこれより高い・・・。

 

まずは業者に申込みをする前に、身辺に関わる物を売り払ったり人に頼ったりする事が最初のアクションですが、これが全て上手く行くはずもないでしょうかから、クレジットカード現金化は消費者金融に断られてから選択するようにするべきで、この順番を考えずに先に利用した結果、クレジットカードの支払いが滞り、CICに金融事故記録が掲載されれば消費者金融という選択は不可能になってしまうからです。

続きを読む≫ 2015/09/06 15:59:06 2015年09月

「急な出費、でもお金がない」そんな状況に陥ったことはありませんか?こういった時の緊急措置として、クレジットカード現金化に頼る人が後を絶ちません。

 

  • 生活の維持の為に仕方無く
  • 他社からの借り入れ金の返済に充てる為
  • 孫をもてなす為に必要
  • ショッピングやレジャーに行く為
  • 趣味や遊びで使う為

 

上記の様に、といったちょっとした出費項目や、急な用事だったのでという理由でクレジットカード現金化に手を出したという方が多くいます。

 

利用者には女性やお年寄りの方が多く、業者のサービスもそのニーズに合わせたものとなってきています。

 

クレジットカード現金化とはどのようなものかというと、与信枠を業者を介すことで換金、結果的に現金が手に入れられるというサービスのことを指します。

 

要はショッピング枠を使って現金が引き出せるというものです。

 

こういった業者は大抵、「スピード」「還元率」「信頼性」の3つを謳い文句にしています。

 

支払いまでの流れが楽で意外と簡単に手続きは進みますが・・・本当に便利なだけのものなのでしょうか?こういった行為、実は危険である事を十分に認識していない所有者が多いのではないでしょうか。

 

消費者庁もこういった業者を問題視しているものの、未だ明確に業者全体を裁く法律は無く謂わばグレーゾーンとして黙認せざるを得ない状況にあることも確かです。

 

このような状況の防止策として消費者庁サイトでも注意を促しています。

 

よく広告やサイトなどで目にするクレジットカード現金化業者の「景品表示法を遵守している」といった文言や「公安委員会の許可を受けている」といった文言は、「景品表示法の景品に該当しないだけ」であったり、「公安委員会は古物商としての許可を与えているだけ」に過ぎないのです。

 

クレジットカード現金化自体について問題があるかということには、実は触れられていないところに注意しなくてはなりません。

 

2011年を境に実際に逮捕される業者も増えてきており、出資法違反や貸金業法違反、詐欺行為などがその主な逮捕理由となっています。

 

クレジットカード現金化はもはや黒に限りなく近いグレーゾーンであるという認識としながら、まだ逮捕事例がないというだけで実は利用者側も罪に問われる可能性があることをご存じでしょうか?クレジットカード会社に対しての横領・詐欺罪になる可能性もあります。

 

今後規制が厳しくなっていくことも考え、このような業者の利用は避けたほうが無難で有る事が理解できます。

続きを読む≫ 2015/09/06 15:39:06 2015年09月

十数年前からクレジットカード現金化という商法が増えてきているのを皆様ご存じでしょうか?

 

クレジットカードのキャッシング枠では無く、もう一方のショッピング枠を利用して業者が利用者にお金を振り込む商法のことを言います。

 

例えば、商品をクレジットカード決済で購入するとキャッシュバックでお金が入る「キャッシュバック方式」と、商品をクレジットカードで買い取り、その商品を売りに出して業者に買ってもらうことでお金が入る「買い取り屋方式」があります。

細かい流れとしては、利用者が業者から商品を購入
  • →業者が商品を発送
  • →同時にキャッシュバックが口座に振り込まれる
  • →利用者がカード会社にクレジットカードで支払いを行う
  • →カード会社から業者にお金が支払われる
利用者が業者から商品を落札
  • →オークションサイトが落札処理を行う
  • →利用者がカード会社にクレジットカードで支払いを行う
  • →カード会社から業者にお金が支払われる
  • →落札した商品を利用者が出品する
  • →業者がその商品を落札する
  • →オークションサイトが落札処理を行う
  • →業者がカード会社にクレジットカードで支払いを行う
  • →カード会社からお金が利用者の口座に振り込まれる

このように細かく見ると複雑そうな流れではありますが、もっとシンプルに書いてみるとこのようになります。

 

キャッシュバック方式 〜利用者が業者から商品を購入〜

  • →キャッシュバックが口座に振り込まれる
  • →業者から商品が発送される

買い取り屋方式 〜利用者が業者の出している商品を落札〜

  • →利用者が落札した商品を出品する
  • →業者が商品を買い取る
  • →口座にお金が振り込まれる

利用者と業者間のやり取りだけに注目するととても判りやすいかと思います。

 

契約に至るまでの過程もシンプルで5分から10分程度で登録からお金の借り入れまでが可能です。

 

これだけ見るととても便利なサービスでしかありませんが、過去にこの商法で業者が捕まった例がありますので注意が必要です。

 

捕まった業者は「キャッシュバック方式」「買い取り屋方式」のどちらも該当しますが後者の方が数としては少なく、買い取る商品がそれなりに買い取り価格に見合った商品を扱っている為、違法であると断言することが難しく、様々な法的解釈を掻い潜って立件する必要が有る為、面倒くさいからでしょうか。

 

サービスを利用するとすれば「買い取り屋方式」のほうが比較的安全と言えるかもしれませんが、初めから詐欺目的でクレジットカード現金化商法を謳う業者もいるのが現実です。

 

住所が記載されていなかったり、サイトのクオリティーが低かったりという業者には要注意ですが、これは実績があり住所が明らかな業者を選ぶことでリスクを回避できるかと思われます。

 

筆者自身も今月はお財布がピンチという時に利用している所があり、常連扱いというかリピーターとなっているのですが今のところ何のトラブルもなくサービスが利用できています。

 

ちょっとお金に困った時などに皆様もご利用されてみてはいかがでしょうか?あくまでもちょっと困った時だけですよ。

続きを読む≫ 2015/09/06 15:14:06 2015年09月

気になる人は気になるし、気にならない人には気にならない・・・それが新制度「マイナンバー」。

 

生活をする上で義務付けられているほとんどの社会厚生サービスのほとんどが関連する重要な制度となっており、当然ですが内閣官房のサイトに載っている情報です。

 

実際に国民へマイナンバーが通知されることですが、恐らくは住民票を基に郵送先が決められる仕組みでしょうから、これまでこうした個人情報の更新を怠っている人は痛い目に遭う恐れがありますし、個人情報がより行政と密接になり、しっかり管理しなくてはならないものとして蔑ろに出来なくなるでしょう。

 

ところでマイナンバー制度が導入されることで、世の中はどう変わるのでしょうか?給料や人事のシステムや支払いシステムでマイナンバーが必要とされ、身元の定かでない方は支障をきたすこととなるでしょう。

 

また、個人情報が自分の成績と結び付けられるなどの不安もありますが、マイナンバーは特定個人情報にあたる為、悪用が見られた場合は罰則対象となるようですが、これでひとまず安心と言えるのでしょうか?犯罪の発生が見込まれるから定められているのですから、必ずしも悪用される可能性は0%とは言えないと考えます。

 

また、個人情報の流動化により、下手をすると消費者金融からの借り入れ制限を受けたりする可能性も考えられます。

 

今のところ無断申請ができないという理由からそこを心配する声は挙がってはいないのですが、現在も個人情報の取り扱いは法律で保護されているにも関わらず裏で取り引きの材料として使われているのも現実です。

 

将来的に過去に借金をしたことがあることがバレて、消費者金融から事実上借り入れができないという事案が発生しないとは言い切れません。

 

そこで、ショッピング枠を利用して借り入れを行うクレジットカード現金化というサービスが総量規制施行後の久々のバブル期を迎える可能性が有ります。

 

ショッピング枠を使った金策であれば、それが借金であると断定することが難しいので安心してお金を作る事が可能となっており、オリンピックに向けたキャッシュレス社会の方針と相まってますますクレジットカードが普及する世の中になる事と推測出来ますが、ここでクレジットカードなんて持ったことが無いという方の為にお奨めをご紹介。

 

ひとつは皆様ご存じの楽天カードで、ATM対応、ネットキャッシング可、リボ払いやボーナスでの1回払いや2回払いにも対応しており、与信枠の上限は条件にも依りますが大体100万程度まで引き上げることが可能なようです。

 

次にご紹介するのがイオンカードで、こちらもATM対応、ネットキャッシング可、リボ払い、ボーナスでの1回払い、2回払いにも対応しており、与信枠も楽天と同様に大体100万円程度まで引き上げが可能なようで、一個人が利用する分には十分すぎる内容です。

 

どうしてもカードが作れないという方には、審査の甘いスルガ銀行のVisaデビットカードがお勧めです。

 

口座残高を超えての利用は通常不可能であり、即時引き落としでない場合は口座残高を超えた取引が成立する場合もありますが、ただし1回払いしか利用できません。

 

これで、いざお金を借りなくてはならなくなったというときにも安心ですね。

続きを読む≫ 2015/09/04 14:55:04 2015年09月

いま流行りのクレカ現金化!

 

  1. ショッピングを楽しみたいけれど今月はちょっとお金が足りないというあなた!
  2. 子どもの習い事への出費がかさんでお困りのあなた!
  3. 遊びに来るお孫さんへのサプライズをしたいけれど手持ちがあまり無いというあなた!

 

そんなあなたに朗報です!今月の悩みは今月のうちに!面倒な審査は一切不要。即登録、即入金、高還元率の安心安全なサービスです・・・と謳う広告に有り触れた金策産業ですが、本当に生の声は掲載されているのでしょうか・・・。

 

では実際にこのサービスを利用した方々と思われる比較サイトに掲載されていた利用者の声をお聞きください。

  • 20代OL
  • ショッピング枠を使って現金化できるので買い物感覚で利用できるのが嬉しいです。支払いはボーナス一括払いにしているので無駄な利息も付かないので安心でした。

     

    リピーター特典もあるので予定外のイベントの多い私にはとても有り難いサービスです。

     

  • 30代主婦
  • 子どもの教育費で出費がかさんでいて、苦労が絶えず、精神的に疲れていました。

     

    このサービスを知り、恐る恐る利用させていただいたのですが、スムーズなやり取りでトラブルもなくお金を借りることができたので、生活に余裕ができました。

     

    心にも余裕ができたので、おしゃれに気を使うことが出来るようになり、毎日が楽しいです。

     

  • 60代年金暮らし
  • 今週末、急に孫が遊びにくることになりプレゼントのひとつも買ってやりたいと思っていたが準備ができていなかった。

     

    チラシでこちらのサービスを知り利用させていただいたが、お陰さまで臨時にお金を用立てることができ、孫を喜ばすことができて感謝している。

これはあくまで一例で、本物か偽物か区別が難しいですが基本的にに利用者からは大満足の声が多く寄せられています。

 

クレカ現金化の良いところは、ずばり即対応、即入金、高還元率、この3点とされており、ショッピング枠を使った取り引きとなるので、誰から責められることもなく安心して利用することが出来るそうです。

 

ですが万能と言える取引では無く、ひとつ注意するべきところは業者間のトラブルです。

 

中には悪徳業者と呼ばれる詐欺まがいのことをするところもありますので、こういったところには注意が必要とされており、としては、何十万もの商品を売っておきながらキャッシュバックが払われなかった、記載されていない法外な手数料を求められた、登録したのは1社だけなのに闇金業者からの電話やメールが来るようになった、というものが挙げられます。

 

サービスを利用するにあたり、会社の住所が明らかでリピーターがいるところや口コミでの反響が高いところがお勧めと言われています。。

 

どうしても利用するのが怖いという方は少額からの利用を検討されてみてはいかがでしょうか?他人の行動を調べるよりも、自分自身がどう感じるのか、身を持って進まなければ分からない事が必ずあるはずです。

続きを読む≫ 2015/09/03 17:45:03 2015年09月

月末の出費や急な予定での出費は一般的な方にとって誰もが嫌な記憶として経験があると思います。

 

その他にも冠婚葬祭、入院、携帯代を使いすぎた、家賃を払う余裕がなかったなどお金が足りなくなる原因はいくつも存在しますが、そういった予定外の出費に備えた方法をご紹介。

 

金策は色々とあるけれど、第三者に委託する事無く利用できる方法が一番ノーリスクですからね。

 

ひとつ目として友人との食事や集まり、飲み会などの幹事を進んで引き受ける方法があります。

 

こういった多人数での集まりでリーダーシップを発揮して皆から頼られる存在となることが出来、私も実際に行ったことがあるのですが幹事を務める事で中抜きする事も出来ます(笑)。

 

別にやましいことをして現金を手に入れるということでは無く、ただ率先して支払い役を引き受けること、これ自体がメリットとなるのです。

 

当然支払いをクレカで行うようにする事をお忘れなく。

 

この時、クレカの支払い方法を「常時リボ払い」にしておくと、1回払いのみの取り扱い加盟店であったとしても自動的にリボ払いとすることができるので、来月の負担を実質的に減らすことができます。

 

その前でも後でも良いので、皆から食事代や飲み代を徴収することで簡単に現金を手にすることができるのですから、面倒事を率先引き受けてくれる有り難い人と、他人からの評価が上がると同時に現金を調達できるのですから一石二鳥の技ですね。

 

ふたつ目に、それなりにお金を稼いでいる方に向けた方法ですが、税金対策としてふるさと納税もオススメされます。

 

結局支払う税金が同じなのでどこに得があるのかと思われる方もいるかと思います。

 

現在全国の各自治体はふるさと納税対象者に様々な特典を与えており、一例としてはふるさと納税額の半額相当がポイントとして還元され、このポイント(1ポイント=1円)を利用して特典カタログから食品を取り寄せることができるのです。

 

中にはこのポイントだけで年間の食費を賄っている方もいるそうですが、確かに年間を通してみると大きな節約に繋がり、いざという時の出費にも備えることができますね。

 

最後に、どうしてもそういった状況には当てはまらなかったりお金に余裕がなく、切羽詰まった状況の方にお勧めなのがクレカ現金化サービスを利用する方法です。

 

この商売はグレーゾーンではあるのですが「今お金が入り用だ」という場合には非常に心強い味方となってくれます。

 

中には悪徳業者もいますので注意することが大事です。

 

まず、利用する業者の住所が掲載されているかを確認し、次に申し込みをする時に丁寧な応対の業者を選びましょう。

 

これだけで悪徳業者に引っかかる可能性はかなり低くなりますし、このサービスの良いところは即日審査、即換金というスピードの速さです。

 

本当に切羽詰まった時は頼りになる存在ですので、覚えておいて損はないと思います。

 

想定外の出費に戸惑うことはありません。

続きを読む≫ 2015/09/03 16:50:03 2015年09月

皆様はAmazonギフト券現金化という言葉を聞いたことがありますか?

 

クレカ現金化と同じく与信枠を換金することを目的としているのですが、従来より使われる言葉から連想されるイメージとして、「ああ、業者からお金を借りるクレジットカード現金化のことだな」とお思いの方も多いかと思います。

 

Amazonギフト券現金化とは、厳密にはクレカ現金化と経費項目現金化の2種類に分けられ、前者は所謂業者を介した買取型の仕組みを用いたお店で申込みをして現金を得るのに対し、後者は業者を介した場合も含めますが、それ以外の方法も含んでいます。

 

それ以外の方法とはなんでしょうか?例としてはAmazonギフト券やiTunesカード、Google Playギフトカード

 

、LINEプリペイドカードなどをコンビニで購入することが一般的です。

 

これらの券をクレジットカード払いや政治資金、会社の経費等で購入し、転売する方法です。

 

この時、来月の収入のあてがあるのであれば一括払い、もしくはボーナスが入るのであればボーナス一括払いといった方法を取ることで無駄な手数料を省くことが出来ますし、そもそも経費としての利用ですから、つまるところの節税、いや脱税を目的に利用していると考えられます。

 

その他にもQUOカード、nanacoギフトカード、楽天ギフト、WebMoneyなどもありますが、今回解説する方法とはあまり関係が無いので触れずにおきます。

 

例として挙げた4つのカードはamatenというサイトで高利率で換金することができます。

 

Amazonギフト券であれば99.8%から94%の間での出品が行われており、iTunesカードは98.1%から85%、Google Playギフトカードは99%から98.4%、LINEプリペイドカードは筆者が確認した際には出品がなかったのですが、これらの前例を見る限りでは最高で少なくみても90%、最低でも80%くらいの換金率があると想像できます。

 

Google PlayギフトカードとLINEプリペイドカードは出品数が少なく、一方でAmazonギフト券とiTunesカードの出品数は比較にならないほど多い為、後者の2つの金券を換金材料としてチョイスするのがベストと思われます。

 

大体どの程度の値段で出品すると良いかについては人それぞれの考えに寄るところが多いと思いますが、筆者の場合は「率」を昇順に並べたときに売りに出したい額と同じ「額面」に着目して大体3番目から5番目あたりの「率」を参考にすればいいのではないかと感じました。

 

しかし、今回は即売りたい方が対象となりますので、迷わずその時の最低価格での出品が良いでしょう。

 

amatenのサイトを実際にご覧になるとおわかりになると思いますが、かなりの高還元率が期待されます。

 

口コミなどを調べてみると、換金自体も大体30分程度で落札が行われスムーズに取引ができるようです。

 

急にお金が必要になったり、月末をなんとか凌ぎたいという方には必須のテクニックではないでしょうか?

続きを読む≫ 2015/09/03 16:30:03 2015年09月

私がクレカ現金化に手を出したきっかけは、オークション詐欺に遭ったことが原因です。

 

欲しかった最新版ゲーム機の本体が3万で出ていたのでラッキーと思って落札をしました。

 

すでにハードは一万円で買えない世の中ですから、最新版がこの値段でも安いくらい!そしてウキウキ気分で過ごしていたのですが・・・数日で届くはずだった予定が5日経っても送られてこないので、出品者にメールをしたのに対応を先延ばしにされた挙句、数千円の振り込みがあっただけで連絡が取れなくなったんです。

 

警察に相談したのですけれど立件するにもお金がかかることや被害届けの受理も難しいと言われて腹が立ちました。

 

この時の気持ちが私のストレスとなり、お金を使って悔しさを発散させていましたんですよ・・・私の気持ち分かってくれますよね?まあ、それは別に直接的な原因でも無くて、友達と飲みにいったりカラオケをしたり旅行へ行ったりしていたんです。

 

5万借りては月に1万と数千円ずつリボ払いで返していったり、1万だけ借りて分割で返すといったことを繰り返していました。

 

手続き自体が簡単だったし、毎月一定額を払っていけばいいので楽で、感覚としてはそんなに高額を返済していかなくていいので便利だなって気持ちでした。

 

なんていうか消費者金融から借りるっていうのには逆に抵抗があったんですね。

 

イメージが悪いし、なんとなく高いって感じがしていたからです。

 

それに比べてキャッシング枠を利用して借りることに関してはショッピングの延長線上というかそんな大きな差が感じられなかったので抵抗はありませんでした。

 

1回借りてしまうと次第に借りることに慣れてきて、少額だったし誰にも迷惑をかけていないからということで特に何も悪いことをしているとかそういう気持ちはなかったです。

 

なにより買い物に行ったついでにささっと借りてすぐにATMで借りれるとこが良かったです。

 

ですが、繰り返し利用していくうちに、毎月の返済自体は一定でいいのですが、同じ月に何度かATMで借りるということが増えていくようになり、少しずつ不安な気持ちになってきました。

 

そこで友達にそのことを相談すると「クレカ現金化は金利が高いからやめな」と言われてしまいました。

 

誰にも迷惑をかけていないと思っていたけれど、友達をかなり心配させてしまい迷惑をかけていたんだなということがわかったので、これからはもっと考えていこうって思っています。

 

とりあえず、まだ債務が残っている状況なのでこれを返済しなければならない事はもちろん承知しています。

 

今は本当に親身になって相談に乗ってくれた友達に感謝しなければいけないと思っています・・・良く考えずに行動してしまったなと深く反省しています。

続きを読む≫ 2015/09/03 16:01:03 2015年09月