一番上のトップ画面へ戻る

ショッピング枠現金化【利用するなら即日対応優良業者】

ショッピング枠現金化で即日振込を狙うなら、ランキングで賢く活用

ショッピング枠現金化?
クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠の2種類の与信枠が付いていますが、その内のショッピング枠を利用して現金にする事を目的とした行為で、利用可能額の範囲内で取引される事が一般的です。

世の中で最もスピーディーな現金調達方法でありますが、クレジットカードをお持ちでない方、利用可能額が希望する金額に満たない方は対象外です。

今も昔も変わらずにある金策ですが、消費者金融における所定の手続き(審査・在籍確認)等が不要でクレジットカードに付属されるショッピング枠さえあれば、どなたでも利用可能な資金調達策です。

こんな方に利用されています

会社勤めの方、求職中の方、主婦、フリーター、自営業の方など前述のようにクレジットカードのショッピング枠があれば現金化出来るという事でご職業に関係なく、各々が抱える支出項目に利用されています。

忙しいあなたにも嬉しい対応可能時間

土日祝日問わず受付が可能なので、ショッピング枠現金化の為に時間を割く必要は皆無で、その点キャッシングよりもスピーディーに用立てる事が出来ます。

みんなが気になるショッピング枠現金化情報


  1. 初めてショッピング枠現金化を利用する方へ

  2. ショッピング枠現金化の仕組み

  3. ショッピング枠現金化業者の優良店ランキング

業者のサイト上での説明の多くで、利用する事を前提としたサービスの紹介に固執しているのは、他の業者で利用されるよりも自分たちのところで換金を検討してもらいたいという意図、さらにメリット以外について比較検討者に知らせる事は利用を躊躇する事に繋がる事を危惧しているから掲載される情報は乏しいのが現状です。

ショッピング枠現金化業者はたくさんありますが、実際に利用するのは一社のみ

ショッピング枠現金化業者の本質は変わらないながらも、見た目を工夫して見栄えを良く見せる事で利用を促している傾向があります。

 

見た目は異なれど、全て同じ現金調達方法ですからデザインで選ぶという判断は非常に勿体無い事であり、各比較サイトでの評価の要因として見た目を含んでいる事はありませんので、いきなり申し込みをすることよりも比較サイトを活用する事がオススメです。

 

業者選びに迷ったら、下記のランキングをご参考に比較検討していただけたら幸甚です。

 

ギフトクレジット

数多く存在するショッピング枠現金化業者を比較するサイトにおいてトータルで高い評価を受けている業者の一つで、近年当たり前に使われている「他社よりも」という表現はこの業者が元祖。365日営業している事を当サイトで確認しておりますので、急な要り用で迫っている時にはもちろん、連絡を取りたい時に限って休業日という事も無い点は非常に親切と言えます。接客対応等は近年各社も力を入れており、創業より5年ながらこれまでの業者以上に評価された実績とは、我々に取って肝心の換金率で今尚選ばれている点です。

 

アピールポイント
  • 当サイト申込実績ダントツNo.1!年中無休営業で高還元!
  • ネット銀行口座なら土日・祝日も即日現金化OK!
  • 他社より換金率を必ず1%高く現金化!
  • サラ金の様な融資審査や面倒な来店不要!最短5分で即日振込!
  • 業界最高水準の最大94%高換金率!借金一本化等利用用途自由!
  • お得なキャンペーン実施中!新規ご契約で最大3万円プレゼント!

ゴールドラッシュ

こちらも数少ない年中無休で営業しているショッピング枠現金化業者の一つですが、嘘偽りの無い単純明快な分かりやすい説明をしてくれる事で人気を集めているようで、実際に他の業者へ問い合わせした時とゴールドラッシュでの対応には雲泥の差を感じるのではないでしょうか?もちろんこのランクですから高換金率で受付をしており、リピート時におきましても積極的にキャンペーンを行っているなどアフターサービスも好印象で、そもそもの業者の絶対数が少ないですが、その中でも指折りの優良店として認知されています。

 

アピールポイント
  • 学生から女性・法人まで幅広い顧客層!リピーター率82%!
  • 来店不要・全国対応!手続きはお手持ちのネット端末でWEB完結!
  • 面倒な店頭手続きや融資審査は必要なし!最短5分で即日送金!
  • 業界トップクラスの最大95%高換金率!手数料全額負担!
  • 複数枚のクレジットカード利用OK!法人カード利用も大歓迎!
  • ゴールドラッシュは年中無休営業!土日祝などの休日も即日振込OK!

現金化のらいふ

オープンしてはすぐに閉店するという繰り返しが多いショッピング枠現金化業者の中でも、創業年数だけ見れば上位よりもまだ新店という形にはなりますが、それでも既存の業者を凌ぐ評価や紹介を各比較サイト方面から与えられています。当サイトでは年中無休で営業していない業者は消費者を不安にさせる項目として排除しておりますので、こちらの現金化のらいふも年末年始等の申し込みも当然可能です。また、他のショッピング枠現金化業者には無いキャンペーンとして、友達を紹介する毎に現金プレゼントを行っているなど企業努力の様を窺い知る事ができます。

 

アピールポイント
  • 業界最速!初回利用20分・リピーターなら3分で送金完了!
  • 業界トップの最大96%高換金率!簡単確実に即日現金調達!
  • 消費者金融の様な融資審査なし!無審査で確実に即日現金!
  • 来店不要・全国対応!申込から振込まで全手続きがWEB完結!
  • ネット銀行口座なら銀行営業時間外の21:00まで即日振込OK!
  • 1年365日年中無休営業!休日でも当日送金OK!出張応相談!

ショッピング枠現金化業者はたくさんあるのに、なぜ3社限定にまで絞っているの?

 

実際に利用する際には、例え高額の利用を考えているとしても複数の業者に分けて申し込みをする事はないでしょうし、比較した上で申し込みをします。

比較する為に複数申し込みする事は大切ですが、両手では足りない数に及びますので全ての業者に申し込みをしても途方に暮れてしまいます。

 

特に初回の申し込みだからといって、貸金業者の様に金利が優遇される事は有りませんので、「次は別の業者で申し込みしよう」と考えましても、業者で行われる手続きの仕組み上、特別に優遇される事は考えにくいでしょう。

もちろんキャンペーン等によって優遇される可能性はありますが、積極的に行っている印象は無く、行っているとしても自分自身が必要としている時にキャンペーンが行われているとは限りませんし、優良店であればキャンペーンをアピールする事よりも通常営業の中で高い換金率・還元率であることが評判のポイントです。

 

ショッピング枠現金化業者に申し込みする際は、あらゆる情報を参照した上で選択しますので、複数店舗で申し込みする事がありません。

 

それでも、あらゆる広告で種別ごとにランキングを作成し、例えば「土日祝日のランキング」、「スピードのランキング」、「顧客満足度のランキング」などの様に、何を根拠に作成しているのか不明確なランキングを作成する比較サイトの数に辟易しませんか?

 

ショッピング枠現金化業者は、逮捕される業者が行っていた換金方法が明らかになると、買取式やAmazonギフト券の様に媒介する商品を変えたり、商品を変える事で表向きの業態を変化させることで営業を続けています。

 

当サイトでは、長年このショッピング枠現金化業者を俯瞰して見てきましたが、どう考えても一つの組織で一つの店舗という業者の数はあまり無いと考えられ、単純にホームページの見た目だけでなく、サーバーやIPアドレスの情報等からもある程度、どの業者が同一組織による運営なのか判断する事は容易です。

 

このように、同一業者が複数店舗の営業をしていたり、問い合わせはもちろん、実際に利用した方の体験談や口コミからしても、このショッピング枠現金化業者の売り上げ規模間が大きい組織とそうでない組織と違いが見受けられ、特にショッピング枠現金化比較サイトでのランキングで評価されているか否かで、人気が決まっているとしか考えられないのです。

 

当然売り上げがあると言う事は、売り上げの無い組織よりも資金力があります。

利益を広告宣伝費に掛ける事が出来ますので、情報弱者をより囲い込みしやすい、つまり同じショッピング枠現金化業者の中でも売り上げが雲泥の差があることが予想されます。

 

しかし、やたらと見る機会が多いからと言っても、それが悪徳業者とは限りません。

 

資金力が豊富という事は、換金を希望する資金需要者等に対し、高い換金率・還元率で振込する事が出来ると言う事であり、資金力が無いショッピング枠現金化業者であれば暴利を貪る事をしなければ、大きな利益に繋がらないという皮肉です。

ショッピング枠現金化で即日振込を狙うなら、比較サイトでのランキングは必要不可欠です。

 

そこを逆手に取り、優良や悪徳も含めて全業者を掲載、批評する比較サイトもありますが、本来閲覧する我々としては不必要な情報であり、そもそも利用する価値の無いショッピング枠現金化業者について知識を得たところで、人生における無駄知識にしかなりません。

 

ショッピング枠現金化は、またの名をクレジットカード現金化と言います。

 

このように、換金する目的は同じなのに名称が異なる理由としまして、本来であればショッピング枠現金化という名称の方が正しいと言えます。

  1. クレジットカードに付いている与信枠は2つある
  2. キャッシング枠は普通に発行元から融資を受ける為の与信枠
  3. クレジットカード現金化として括るには、アバウト過ぎる

なぜかWikipediaでも、クレジットカード現金化という名称になっており、こうした状況が「業者にクレジットカードを送る事ではないか」という誤った認識を抱く要素になっていると考察されます。

名称が違っても、ショッピング枠現金化の注意点が変わることもありませんが、キーワードが違えば検索結果の表示も異なります。

 

つまり、ショッピング枠現金化業者にとって広告の間口が広く設けられていると言う事を比較する側として認識しておきたいもので、特定の名称で検索されるように意図的に対策を行っているショッピング枠現金化業者にはくれぐれも騙されないように注意してください。

 

また、この現金調達方法をメリットたっぷりに紹介して、前向きに利用してもらう事を意図している悪徳比較サイトが蔓延していますので、なぜかデメリットについて記述が確認できない場合には・・・そういう事です。

ショッピング枠現金化業者の流行りはAmazonギフト券を使った広告展開

 

こうした業者を広告している機会を提供しているのは紛れも無くASPと呼ばれる会社で、しかもショッピング枠現金化を扱う会社は限られています。

その会社の中でも、ショッピング枠現金化との区別の一環で「Amazonギフト券」を一つのカテゴリーとして扱っており、実態はショッピング枠現金化でありながら、Amazonギフト券買取(現金化)とショッピング枠現金化の広告報酬を比較してみると、1万円以上もの差が生まれている事に気が付きました。

 

これはAmazonギフト券買取(現金化)の方が、報酬設定が低く見積もられており、ある意味経費削減を狙っていることと、換金率・還元率が高いから経費が掛からない様に見せかけて、実際は暴利を貪る経営方針であるという事は何も珍しくはありません。

特にこの手法での広告展開を好んでいる組織があるようで、ショッピング枠現金化業者として比較サイトで評価されない為に、こうした方法で宣伝しているものと考察できます。

 

ショッピング枠現金化では即日対応が基本です

 

ショッピング枠現金化の概要はショッピング枠を利用する事である、という基本的概念については理解されたことと思いますが、その対応スピードは各社が行う換金方法の違いによって異なる場合があります。

 

比較サイトによっては、スピードというカテゴリーから見たランキングを作成されている場合もありますね。

しかし、当サイトで評価するにあたり、このスピードも評価される項目としており、時間を要する業者につきましては掲載しておりませんのでご安心ください。

 

即日対応を行う業者の割合は全体的に高いのですが、未だに時間を要する換金方法で営業している業者もありますので、このような事も想定される事を片隅に覚えて各業者、各比較サイトを閲覧するように注意してください。

日にちを要する業者に限って換金率・還元率を高く見積もりしているところに付きましては、高い数値をアピールしていながら手続きが終盤に差し掛かって様々な手数料を請求される場合もありますので、即日で手続きが終わる事が最も望ましいのではないでしょうか。

このように、考え得る注意点やデメリットは一つだけではない中で、決済された金額が支払い出来ないという事態に陥ってしまっては、メリット・デメリット云々と言っていられない状況になってしまいます。

 

現金が手元で確認出来たら完了という形で紹介される事がほとんどですが、その使った分の金額をクレジットカード会社に払い終わってこそ、本当に完了であると当サイトでは考察します。

 

また、自分でショッピング枠現金化を済ませる事を考え方はオススメではなく、餅は餅屋と言いましょうか、専門家に対して、その支出はショッピング枠現金化する事が適切なのか、実は利用しなくても済む方法があるかもしれませんので、自分だけで抱え込まない方が賢明です。

ショッピング枠現金化を利用すれば経済環境が好転するとは限りません

 

よくある比較サイトの情報として、換金すれば今苦しい出来事から解放されるかのようにメリットを大袈裟に紹介し、特定業者に申し込みを誘導させるという仕組みをよく確認します。

 

この現金調達方法は確かに現金を得る事は容易ですが、そのお金は本来現金として引き出すことが出来ない存在であり、なおかつ与信枠を使用していると言う事は発行元から請求されると言う事で、一時的にしか機能しない事を忘れがちです。

 

そして、その与信枠を100%の割合で引き出すことは、どの業者に換金を申し込みしたところで実現させることはあり得ません。

換金率・還元率を100%として取引される事を仮定しますと、申し込み者にとってはまるで自分の預貯金を引き出しているかのような感覚に陥ってしまいそうですが、これを事業として運営しているものは100%で振込をし、さらに決済手数料や振込手数料、商品仕入れ代金から商品配送料、その他人件費や事務所の家賃に光熱費、各種経費・・・などなど、利用者を募れば募るほど赤字が膨らむ一方です。

 

つまり、ショッピング枠現金化(クレジットカード現金化)を請け負うと看板を掲げ、運営している全ての事業者は営利目的であり、少なくとも前述した様に赤字を出しながら営業をしている業者は皆無と言えます。

事業者の事情など、比較検討する側が考える必要はありませんがこうした背景について認識しますと、意外と業者間で換金率・還元率の差がべらぼうに異なる事が無い理由が理解でき、比較する側として、あまりにもこの現金調達方法を当てにしすぎる事は身勝手な注文となり兼ねません。

 

換金率・還元率の差は企業努力の差である

 

それでも希望する金額に対しての割合は、求める金額が大きくなればなるほど膨らみますので、事業者側も金額に連なって決済手数料等も上がるでしょうから、金額が高額になればなるほど、企業努力による提示金額の差が業者間での運営方針の違いを感じる事が出来ます。

 

中にはどんなに希望金額が高額でも、一切の優遇を受付する事は無く、方針として一律の換金率・還元率を貫くところもあれば、金額によって優遇措置を取っているところもありますが、基本的に高換金率・高還元率の業者は少額でも高い割合で提示してくれる事が、問い合わせ上でも多いと感じます。

 

利益を求める方針なら、どんなに我々がゴネても対応は変わりませんし、別に請け負うところは1つでは有りませんので潔く見切りを付けた方が時間も無駄になりません。

ショッピング枠現金化にマニュアルなんて御座いません!

ショッピング枠現金化にマニュアルがあるかの様なタイトルで比較検討者を集客している比較サイトがありますが、そもそも換金を目的とした利用はNG行為ですから、まるで何も問題なく利用が出来ると印象付けられるこの言葉遣いには裏があります。

 

SEO対策と言われている施策を行っている、広告報酬を募ったWEBサイトがある事をご存知でしょうか?

 

最近は削除されている様子ですが、一昔前にはご丁寧にも概要が載っており、どうやら法人として運営をされているようで住所からお名前から何から何まで確認が出来ました。

一体どのような方がショッピング枠現金化の比較サイトを運営されているのか気になり検索しましたところ・・・引っ掛かってしまいましたね、過去の行いと思われるとある記事。

 

同姓同名の方がいらっしゃるのであればしょうがないかと存じますが、その汚点とも言えるべき事項とは過去に貸金業を営んでおり融資に当たって保険料を必要とし騙し取る手口となっており、どうやら詐欺で逮捕された経歴がネット上に残っていることと、そのような記事を検索結果から洗い流す為に風評被害対策と思われるWEBページが多数確認出来るので、ひょっとしたら・・・ひょっとするのかもしれません。

 

逮捕された経歴については自ら公にする事は無く、消費者金融での経験として片付けられていますが、このように業者や店員自ら広告の代表的な存在である比較サイトを運営している可能性があります。

そう想像してしまうのは、そのような記事が有る事に加えショッピング枠現金化を一押しするコラムが並べられており、反社とも言える金策に相反する内容とされており、とても真っ当な情報とは言えず業者のバナー広告が所狭しと掲載されています。

 

お幾らくらい業者の方は支払っているのでしょうかね・・・。

他の掲載を募っているWEBページの掲載料金表から考察すると、恐らく数十万円が必要かと思われますが、そこまで支払いをしても問題無いと判断しての決定でしょうから、いかにショッピング枠現金化の需要が見込まれているのか分かりますね。

 

掲載されているお店の数は国内で確認出来るショッピング枠現金化業者の微々たる数の掲載になっており、他の情報比較サイトに組まれているランキング等ではなかなかお目に掛からない屋号となっており、いかにも広告として出稿している感が出ています。

その裏付けとしまして、バナーをクリックし進んでみるとクッションページに移り変わるのですが、なんとまあそのクッションページのリンク先に移動するにあたっての注意書きが有りまして、利用に当たっては一切関係なく自己判断でお願いします、という内容の記載が・・・。

 

マニュアルなんて強気なサイトタイトルで露出されている割に、随分弱気な記述ですが、このように広告報酬も目的とするサイトは非常に雑な構築をされており、お世辞にも我々利用者にとって不利益にしかならない情報の寄せ集めであることが分かります。

 

なぜそのようなサイトが検索エンジンに評価されているかは存じませんが、会員規約違反に該当する取引を進めている法人として既に目を付けられているのではないでしょうか?

 

あらゆる手段を講じて取り込もうとする輩には十分に気を付ける必要がありますが、全ての比較サイトについて言及しているものではございません。

 

ショッピング枠比較サイトの中でも特に情報量が豊富なところの例としまして、こちらのサイトショッピング枠現金化の比較はオススメになります。

 

換金する事は良い事とは必ずしも言えない状況の中で、注意するべきことやデメリットについて記述される情報を見れる機会はあまり多くありません。

 

各金融機関やクレジットカード業界団体のページで解説されていますが、より詳細な情報を知る為には先ほどのような比較サイトを頼らざるを得ない事は昔も今も変わりないのです。

 

ショッピング枠現金化に手引きなんてありませんよ!

 

このような現金調達ですから、これから利用を考えている方が懸念される事項の中に、安心安全に取引できるかがポイントになってきますが、ショッピング枠現金化について調べると出てくる「手引き」の文字について気になったことはありませんか?

 

これも上記でご紹介したマニュアルと同様な事が考えられ、ドメインの運用履歴から察するに元ショッピング枠現金化業者が運営する比較サイトの可能性があります。

昔、yahoo知恵袋で自作自演の投稿を繰り返していた悪徳業者ですので、閲覧しないように気を付けてください。また、知恵袋から過去の愚行を確認する事ができます。

当然、会員規約に違反する行為に対するものですから、手引きなど本来あるべきものでは有りません

 

最近の流行なんでしょうか?

 

ショッピング枠現金化のマニュアルや手引きと称して情報発信をしている比較サイトが増加傾向にあるようですが、実際に蓋を開けてみれば内容の薄い情報ばかりで、有益な情報が詰まっているとはお世辞にも言えないのではないでしょうか?

 

今でこそ掲載を募集する比較サイトの数は減りましたが、数万円から数十万円と掲載箇所によって値段が設定されて、数多くの業者がその比較サイトで出向している様子がよく見られました。>

 

注意喚起の効果が実っているのか、近年はショッピング枠現金化に関する広告や話題を目にする機会が無くなりつつあります。

 

それはそれで良い事ですが、国内のお金に関する犯罪として、詐欺関連が旺盛です。

 

これとリンクしてAmazonギフト券Eメールタイプが用いられているようですが、ショッピング枠現金化においても媒介物として利用されている事が目立ちますので、購入経路を辿られれば面倒くさいことになりそうです。

 

基本的に媒介物が変わる事で取引手順が連なって変わるだけですから、マニュアルなどと大袈裟に呼ぶ情報など皆無と言えます。

 

見た目だけですと、なかなか信ぴょう性を感じる雰囲気こそ感じますが、業者を募っていることを確認出来る時点でOUTですね。

なぜショッピング枠現金化のデメリットに関する情報が少ないの?

 

実店舗・無店舗と業態を問わず、共通して換金する事のメリットについては語るけれども、デメリットについては非開示とするスタンスが多く見られます。

 

これは業者を紹介している比較サイトにも見られる傾向であり、業者を非難する事に特化しているサイトは発行元や金融機関組織のサイトがほとんどで、このサービスを第三者の中立的な視点で物事を考えている情報は多くありません。

 

それぞれの立場で思惑を感じるのは誰が見ても分かるのですが、批判する情報サイトの中で違法と断定的表現で明記しておらず、紹介する側も誇大に感じさせる表現を見られますが、批判する側も違法では無いのに違法であるかのように誇大に見せており、当サイトでは結局どっちもどっちなのではないかとすら感じる程です。

 

実はサービスそのものを違法として指定していない為、もちろん違法性のある商取引の中で手続きが行われている業者は随時逮捕されていますが、未だ断定する法律は有りません。

 

その為、店舗型も無店舗型も徐々に業者数は減少傾向にあると当サイトでは感じています。

結局は互いにポジショントークでしかないのですが、それでも業者は業としている以上、このような事柄に対して真摯に受け止めて対応する必要があると考えます。

 

比較検討者に対しては利用してもらえるように情報を見せるのは当然で、我々消費者は飛び交う情報の中で取捨選択をしなければなりません。

 

業者や比較サイト等で発信される全ての情報を知る必要は無く、むしろ余計な内容の方が飛び交っているとすら感じています。

比較サイトの中には500ページも超える比較サイトも見受けられますが、このサービスで500の事なんて覚えられるものでもありませんし、ただ閲覧者稼ぎの為の低品質コンテンツである事が大半です。

1つのサービスに対して500もの事を知っておかないといけないのでしょうか?そんな事を覚えたところで無駄知識にしかなりません。

 

このサービスを利用するにあたって比較サイトが欠かせないのですが、検索順位対策の為に最近は業者のホームページ上でサービスに関する記事やコラムを投稿する業者も増えてきていますが、業者、つまり利用する事が建前の中で書かれる情報ですから鵜呑みにする必要は毛頭もありません。

 

そんな事を覚えるなら国会資格の勉強をした方が、まだ人生において有効な知識になります。

その為当サイトでは、このサービスに対する情報については下記のように考えています。

 

ショッピング枠現金化業者を紹介する情報はあまり要らない

 

お店のページを開けばすぐに分かる情報を掲載する比較サイトが沢山存在しています。

 

ショッピング枠現金化についての情報ではなく、単純に業者を紹介しているだけでデメリットについて全く触れていないという内容で、業者やサービスについて調べようとしたときに閲覧する可能性があります。

もちろん、これも中身の無いコンテンツですから、「換金率●●%」「即日振込」「20●●年度顧客満足度第一位!」などと、よく分からない称号を与えられている業者を目にする事がありますが、そんなコンテストはもちろん、オリコン等第三者機関で調査されているなどあり得ない話ですから騙されてはいけません。

 

雑誌に掲載されたとして、雑誌の一面として画像を掲載している形もありますが、誰でも故意に作ることが出来る時代ですし、具体的な刊行本の名称や発売年月日の記述が無い以上、信用するに値しません。

 

中にはファイナンシャルプランナーならぬフィナンシャルアドバイザーという、架空のソレっぽく聞こえる変な女性にショッピング枠現金化の宣伝文句を言わせている悪徳業者もおり、情弱な方がコロっと騙されているのかもしれません。

あの手この手で金策に明け暮れる貧困者に対し、いかに利用してもらうか常に考えて業者は宣伝されていると考えますと、溢れた情報の中には店員が工作している内容も交じっていると考えてもいいのではないでしょうか。

 

こんなことはありませんでしたか?

 

「換金率80%です⇒計算したら60%だった」

 

完全な言葉のアヤで、金額を確認せずにパーセンテージにこだわった挙句に騙されてしまうパターンですが、今もなお営業中の業者の一つですから気を付けてください。

 

特に高い還元率・換金率を、ホームページ上だけでなく「最初の」説明で織り交ぜてきた場合には以下の事を気を付ける必要性があります。

  • 手順が進んでから、手数料の説明をされる⇒最初の高い換金率・還元率から引かれますから結果的に・・・そういうことです。
  • 買取式の場合、即日で無い為に見込み客の意欲を無くさないようにする⇒日にちが経てば、そこから手数料が引かれてもキャンセルしにくくなってしまいます。
  • 振込確認時に説明と異なる金額だった⇒問い合わせると手数料を引いた金額と説明され、結局泣き寝入りになってしまいます。

また、業者間での比較の際に少しでも優遇を受ける為のテクニックとして、複数の業者にまずは問い合わせを行い、順にその時の見積もりを持ち出して、他社と競合させるという、値切り交渉(?)する事が、当サイトでの調査経験上最もお手軽な方法です。

 

ショッピング枠現金化をしない為に貯金は必須

 

ショッピング枠現金化をしない為に貯金をするべきです。

 

これは後にも先にも老後を生き抜くために身体が元気なうちから取り組む当たり前の事であり、社会人生活の基本です。

 

所得の大小に関係はありません。

 

最初から貯金さえしていればショッピング枠現金化なんて検索しなくても良かったはず。

私も何を隠そう利用経験者の一人でもありますが、当時は若気の至りと言い訳をさせてください・・・収入が少ないのにも関わらず成人にならなければ遊べないギャンブルや娯楽に溺れてしまい散財→とうとう禁断の生活費を食い潰して最底辺の状況に陥ったことが直接的な原因です。

 

初めて利用した時にはこれまでの自分の身の振る舞い方の反省と、これから先の生活のことを考えるストレスに精神的にダメージを負っており、それに輪を掛けるようにショッピング枠現金化を利用することの不安がのし掛かってきたことを今でも覚えています。

 

今思い返しても貯金をしておけば良かった、自由に使えるお金を毎月残せるように家計管理をするべきだったと思います・・・収入が低いなら尚更のこと。

机上の理屈ならば簡単に想像ができますが、実際に行動を起こすとなると難しいと言いますか、自由に使えることができないお金の存在はストレスでしかありません。

 

しかしその事について、頭の芯から気付く頃には時すでに遅し・・・・過ぎ去った時間はショッピング枠現金化をしても帰ってくることはありませんよね。

当時若かったこともあり、これから頑張れば良いだろうとあえて楽観視することにしました・・・もう考えても自分を責めるだけで自害してしまいそうだったんです。

 

その後はとにかく”出費することは悪”と思い込み、食事は弁当屋さんもしくはスーパーで弁当を購入、自販機は使わずにとにかく安い飲料水(水です)を買い込み、冷蔵庫やレンジなど使わずに生活を送っていました。

 

まさに廃人といいますか、人から白い目で見られるような生活を続けた結果、滞納していた国民健康保険料や住民税を賄うことができるようになり、おおよそ2年くらい質素な生活をして健全な生活環境を取り戻すことに成功しました。

私自らも辛い状況に陥ったことがあるので心中察しますが、ショッピング枠現金化を利用してもしなくても、結局貯金をする・節約をする、という心掛けは変わりがないのです。

なってからはでは、確実に遅いです。

興味本位でショッピング枠現金化をすることは絶対に止めていただき、もしまだ猶予が残されている方は他の手段を模索してからでも遅くはありませんし、むしろそちらの方が結果的に良いこともあるでしょう。

 

その後の返済生活について計画することが求められますが、当事者にとっては頭の回らない話であり、決して自暴自棄などにならず、人生の岐路として冷静な判断をしてください。

 

ショッピング枠現金化よりも貸金業者

 

ショッピング枠現金化は金策の手段ですが、実はこれを利用するよりもはるかに貸金業者を利用した方が、手数料の観点から見た金銭的数字は得になります。

 

貴方は貸金業者を利用したことはありますか?

 

私はプ●ミスと言うお店にお世話になったことがありますが、最初は繁華街にあるビルのテナントで営業していた店舗で取引していたのですが、引っ越しに伴って違う店舗に出向いた時に、ビルの1階、つまり私が店舗に入る様が丸見えになってしまう店舗で、かつ駅のプラットフォームの前に存在していましたから、電車が止まって壁になって居ることを確認してからいつも入店していました。(笑)

 

ショッピング枠現金化は貸金業者では無い、いやいや貸金業者でしょう・・・いろいろ言われるショッピング枠現金化ですが、それぞれの視点から考えられる事由を調べてみます。

  • 合法とされる理由
  •  

    換金をする仕組みが法に則った形で取引されていれば、現金を還元することや買取代金を送金する事は違法ではありません。

     

    単純な事なんですが、何でもかんでも違法と言ってしまう馬鹿者が世の中には少なからずいらっしゃるようで、関連団体でも注意喚起をされていたとしても、違法と断定する記述は一切行っていないことに気付きますと、いかに換金を食い止める事が難しいのか察する事ができます。

     

  • 貸金業者とされる理由
  •  

    日本全国のこれまでの歴史で初めて逮捕された事例は、なんと2011年の話、かなり最近です。

     

    出資法違反として執行猶予付き判決が下されましたが、還元する仕組みで送金を行っていたようですが、この経営者が運営する店舗ではただ単純にクレジットカード決済を行い、振込をするという商品の実態が無い架空の取引、取引しているよという建前で営業していたとのことで実質金貸しという裁判所の判決が下されました。

貸金業者として判断される項目として、還元する場合においては商品が存在しかつ取引が確認出来ることが出来れば事実上の合法であり、買取をする換金方法につきましては、古物営業法で定める仕組みで買取業務を行えば何ら問題が無いと言う事です。

 

しかし、買取式の場合に置きましては2014年に都内で古物商を営んでいた経営者が逮捕されています。

 

買戻しして振込をしていたことが、これまでのショッピング枠現金化業者の主要手口だったのですが、これを違法とした初めての案件となっており、買取式は違法であるという判断が法的にも世間的にも初めて駆け巡りました。

 

その為、これまでの買取式ショッピング枠現金化業者のほとんどが、媒介物をAmazonギフト券に移行するキッカケとなり、「まだやれる」とでも店員たちは考えているのかもしれません。

 

クレジットカードでキャッシング枠は使うな

 

2つの与信枠がついており、ショッピング枠現金化ではショッピング枠を利用しますが、キャッシング枠とはどんな場面で利用するものなのか把握していますか?

 

ショッピング枠とキャッシング枠は、ともに発行元会社から与えられる与信枠です。

 

各々が持つ特性としては、まさに名称の通りの使い方を目的に与えられているものですが、ショッピング枠の利用用途は幅広く決済されています。

 

例えばスマホアプリの課金やセミナー参加費の決済、さらにはクラウドソーシングの報酬の支払いなど、商品だけでなく、サービスやコンテンツも取扱いが可能とされていますので、ネット社会と現実社会が近づきつつある日本国内におきましては、もはや国民が利用して当然とも言える環境になっているのです。

 

ショッピング枠現金化に伴う必要な決済につきましても、取扱いが幅広い副産物として生まれているようなものであり、手順や換金手段さえ合法の中で取引された商品であれば何とでもなってしまうのが現状です。

一方でキャッシング枠につきましては、貸金業者と同様に融資を受けることです。

 

これは絶対に付属されなければならないというものでは無く、あくまでも発行元の一つのビジネスモデルとしての与信枠となっており、金銭的に困っていない方がキャッシング枠を付けても使う事はないでしょう。

発行元としては、何かあったときに是非〜なんて言い方でオススメされることが多いのですが、考えてみてください。

 

リボや分割払いで支払いをせずに、常に一括払いで利用するホルダーに付きまして、決済金額に対する手数料が少なからず発行元も収入になりますが、一個人の利用額だけではその金額は微々たる金額でしょう。

 

さらに、利用額に応じてポイントが還元されるわけですが、このポイントにつきましてはお金に代わるものとして利用されるものであり、その負担は発行元にあるわけですので、一括払いで滞りなく支払いを続けられている顧客はある意味では優良な顧客、一方では利益にならない顧客とも言えます。

 

ですから、何かとつけてキャンペーンやその他キャッシング枠のようなサービスを提供して、利益を上げようとする仕組みがクレジットカード業です。

我々が一番お得に使う方法は、発行元が一番嫌がる方法を実行することであり、滞りなく一括払いで支払いを続ける事こと以上に、得をする事は無いと理解し、次々と展開されるサービスやキャンペーンに騙されないようにしてください。

 

どんなサービスを利用するにしても、結局のところ末端の立場にある消費者を底辺にし、お金が吸い上げられているのが世の中の仕組みなんですね。

換金するか節約するか

ショッピング枠現金化の利用を検討中に閲覧されている方へ、今一度踏み止まって考えて頂きたくもう一度自分の行動を振り返ってみましょう。

 

困って相談するのも選択肢で有りますが、相談される相手の身になって考えるコトは出来ませんか?

 

お金の相談事を受ける相手は、お金を貸してくれと言われるんじゃないかと心のどこかで疑心を抱きます。

 

それが消費者金融のコールセンターの担当者であれば、この悩みを聞くことは仕事であり、日常茶飯事の事ですから遠慮なく話せるかもしれませんが、親族や知人から援助を受けようとする際には、援助を受ける事が出来ても出来なくても、信用や信頼に傷が付く事は言うまでもありませんね。

 

まずは自分自身で出来る事を模索するべきであり、もう今すぐに売れるモノは売って、風呂無し共同トイレの木造アパートに引っ越し、支出を抑える努力をしてください。

 

収入を増やす事は簡単に出来る事ではありませんが、出費は自分の欲求を抑える事で簡単に減らすことが出来ます。

 

その中で、生きていく上でのランニングコストと言える「生活費」を減らす事で、これが何か月も持続できれば年間で数十万円、場合によっては100万円以上もの可処分所得の節約が可能になります。

 

その中でも家賃は我々多くの社会人にとって、支出の割合で最も占める項目になるものです。

 

既にご実家に住んでいる、事情によって戻れないという方であっても、住環境の見直しは長い目で見れば大きな節約効果を生みますので、率先して取り組んでください。

 

その他にも細かい節約手段は幾らでもありますが、ここで実際に私が取り組んでいる、生活の中での節約手段についてご紹介します。

  • 家賃は交通の便が悪くても安いところ
  • 駅から徒歩何分掛かるかが、同じ地域、同じ間取りでも賃料が変わります。

  • 洗濯は必ずお風呂の残り湯を使う
  • お風呂に先に入り、出たらすぐ洗濯機を回します

  • トイレに節水弁を取り付ける
  • 通常の流す水量の約20%を削減できます。

  • 電気の契約アンペアを下げる
  • 15Aに致しますと、ドライヤーとエアコンの同時利用でブレーカーが落ちてしまいます(笑)

  • 衣類は3日分のみにし、積極的に買い足さない
  • 流行りのミニマリスト的な思考で、モノを大切に使い続ける大切さに気付きます。

  • テレビを見ない
  • お金だけでなく、時間の節約にもなります。

  • 冷暖房を使わない
  • 寒くなったら着込む、暑ければ外光を徹底して遮断し、風通しを良くしています。

  • 携帯電話のインターネット契約はしない(通常の電話機能のみ)
  • wifiの使用もしくはパソコンだけでインターネットを見るようにしています。

本当に細かい事で、しかも家事ですから面倒くさい作業になりますが、これらに取り組んでいるか否かで可処分所得は変わります。

 

私の住環境での試算で申し訳ないのですが、上記の事に取り組んでいなかった場合を比較して、年間で約15万円程節約しています。

 

人間社会では、お金と引き換えにサービスの提供を受けています。

 

妥協する事で幾らでも我慢はできますし、収入に見合った生活を営んでいく事が出来ない方は、収入を上げる為に転職したり相応の努力をするしか道はありません。

 

困ったらすぐに助けを求めるのは、もう10代、20代で最後にしましょう。

 

いつまでも誰かがやってくれる、助けてくれる、なんてお人よしの世の中と考えない方が、これから先受難の人生を歩む上で「よそはよそ、うちはうち」と心に刻むべきであり、金に困ったらすぐに借金をするような事をしてはいけません。

磁気カード一枚でお金を生み出せるショッピング枠現金化は大変魅力なサービスです。

 

何しろ、店頭窓口への来店は不要で審査も無ければ、職場や自宅への在籍確認が無く他人に知られる余地が無い事は、何にも代えがたい大きな利点で有り、多少の手数料が差っ引かれても納得できるサービス内容です。

 

気を付けるべき点を挙げるとするならば、自分自身のクレジットカードですが明細が郵送で貰っていたり、管理は内輪の誰かが管理しているなど業者からは伺い知る事の出来ないプライベートな部分を注意することです。

申し込みをして手続きをしてもらう時間は一日も掛からないでしょう。

 

しかし、先ほど紹介したように業者にはマージンが発生しなければ相手も営業の意味が無い事を理解しておく必要が有ります。

 

悪徳業者の手口では手続きを進める前は大法螺吹きで「高い換金率を提示」し、手順が終盤に差し掛かったところでネタ晴らし「換金率とは異なる具体的な金額の提示」をする事が主流の手口で、経済的悩みで弱った我々困窮者の頭を馬鹿にしているのか、気付いた時には時すでに遅し、口座に入金されておりキャンセルが不可能と泣き寝入りする事もあります。

 

気付けなかった自分にも瑕疵があると考えるべきです。

 

特にこの手法を取り入れるAmazonギフト券換金タイプでは、商品がコードで有る以上これが新たに上書きされることや一度アカウント登録されれば再発行する事も出来ません。

 

ショッピング枠現金化が法では制限されていなくても、会員規約で禁止利用目的の一つとして挙げられている以上、この被害について相談できないという事も業者は熟知しているのです。

 

巧妙化する手口の中でも優良店も有りますが、手数料は避けられません・・・・それでも換金する必要はあるんでしょうか?

 

我慢できる出費項目なら100%我慢するべきで有る事は弁護士や国も注意喚起をしています。

 

収入よりも支出に偏っている生活環境を反省しなければ、またショッピング枠現金化への扉が貴方を待っている事になります。

 

ショッピング枠現金化は即日対応が優良業者

ここまで長々とした文章を閲覧していただき、誠にありがとうございます。

長くなった経緯につきましては、一つのページになるべく多くの情報を集約したかった事と、比較サイトを運営する上でリスクやデメリットについても併せて読んでいただきたかった事があります。

 

この現金調達方法は手軽で利用できる反面で日常生活とは無縁な内容だけに、考えられないようなリスクを被ることがあります。

だからこそ、どんなに高い換金率・還元率を提示されているとしても、即日対応で無ければその不安が長続きするだけでなく、取引の最中に発行元のクレジットカード会社とトラブルになってしまったら業者との取引そのものが途中で破綻する可能性も十分に考えられます。

 

代表的なトラブルの例と致しまして、当サイトでは以下の3つの事例を挙げさせていただきます。

  1. クレジットカードそのものの利用停止処分
  2. トラブルの際には発行元から全額の一括請求
  3. 業者から一切振り込まれない

国民生活センターのショッピング枠現金化の実例集では、上記の内容以上に生々しい体験談が掲載されています。

 

幾分現在はこうしたトラブルについて落ち着いている様子ではありますが、これまでに全くこのような事柄が全く無かったと言い切れない現金調達方法ですので、これまでと同様に気を付ける事に変わりありません。

 

優良という言葉が併せてよく検索されており、その評判や評価を批評する比較サイトの数は膨大、かつその比較対象となる項目も様々ですが、特に当サイトでは即日対応が絶対条件の一つとしています。

 

これまでの従来からある換金方法とは異なる、新たな手口で換金をしている業者も増えてきており、換金対象となる媒介物が変わりますと換金に至るまでのプロセスそのものが変わりますから、利用者そして比較サイトにおいても情報の収集が追い付かない場合もあります。

 

合法とする商取引の範囲内で換金が行われているのか、前例が無いだけで違法に該当される商取引で換金が行われているのかは定かではありません。

 

少なくとも比較サイト等で紹介される事が無い現金調達方法につきましては、メディア側でも安心や安全として紹介できない訳ですから、珍しい方法でのショッピング枠現金化にはくれぐれも手を出さないようにしましょう。

 

業者の逮捕に関する話題以外で、初めてこの現金調達方法が各種メディアで取り上げられた「メルカリ」での換金方法についても言えます。

 

スマホアプリですから法人、個人問わずあらゆる品物を出品できる仕組みから、今現在は禁止事項になりましたが「現金そのもの」を商品として販売していました。

 

現金を販売する事については違法では無く、今回あちらこちらのメディアやまとめサイトでネタ化していますが、何をとやかく言いましても合法です。

 

さらに、この現金調達方法の仕組みや存在自体を指定して違法としていない事により、こうした商取引における規制は市場を提供する各社の自主規制の有無が肝心になっており、某大手ネットオークションサイト各社や某ネットショッピングサイトでは換金性の高い物品のクレジットカード決済や、その類似商品も出品について制限を設けているところがほとんどです。

 

今回はフリマアプリ最大手でクレジットカードで換金が可能として大きく取り上げられた形ですが、フリマアプリは何もメルカリだけではありませんので、続々と芋づる式に影響が及んでいくものと当サイトで考察しています。

 

クレジットカードで決済できるものが増えた事の弊害と言えるかもしれません。

 

また、メルカリ等のフリマアプリでは即日で現金を確認する事は不可能であり、商品と一緒に送られてくる事が想定されますので、これだけ注目が集まっている中でメルカリ内で手続きをする事よりも、長らく業として営業を続けてるある意味では専門家とも言える業者への申し込みが最もリスクヘッジとなり得るのではないでしょうか。

 

このページ以外でも、このサービスに関する記事について下記のリンクから閲覧する事が出来ますので、ご自身のお悩みや不安にお役立ていただければ幸いです。

初めてショッピング枠現金化を利用する方へ

ショッピング枠現金化を比較している方へ ショッピング枠現金化を利用して何かメリットはあるの?
ショッピング枠現金化は割賦払いが出来る ショッピング枠現金化を厳選して比較する重要性について
自己完結が出来るからショッピング枠現金化 ショッピング枠現金化で気になる還元率のお話

ショッピング枠現金化の仕組み

身近な日常生活に実はショッピング枠現金化があった ショッピング枠現金化の歴史とは?
知っている?電子マネーを利用したショッピング枠現金化 ショッピング枠現金化を内緒で成功させるコツとは?

悪徳業者には要注意しましょう

悪徳ショッピング枠現金化業者の次なるターゲット 老舗と称し創業年数を偽るショッピング枠現金化業者
ショッピング枠現金化は未成年でもできるのか ショッピング枠現金化の甘い誘惑には様々なリスクが潜んでいる

ショッピング枠現金化の違法性について

ショッピング枠現金化は違法?それともグレー? ショッピング枠現金化は年々衰退している産業
カードで購入し現金を返金するショッピング枠現金化の可能性は?

ショッピング枠現金化の口コミ・体験談

ショッピング枠現金化の比較サイト掲載の体験談 ショッピング枠現金化比較サイトの体験談から見た悪徳手口とは?
二度とショッピング枠現金化に手を出したくないと感じた ニッチな金策として有名なショッピング枠現金化に潜入

ショッピング枠現金化業者口コミ

ギフトクレジットの口コミは? ゴールドラッシュの口コミは?
現金化のらいふの口コミは?

店舗型の地域別ショッピング枠現金化業者

ショッピング枠現金化@名古屋の店舗型業者をお探しですか? ショッピング枠現金化@福岡の店舗型業者をお探しですか?

ショッピング枠現金化比較ガイドお問い合せ

【運営者情報】ショッピング枠現金化比較ガイド